はらがへってもいくさはするな

人の不幸でメシはウマくならない。

日置桜 青水緑山

日置桜の特別純米酒、青水緑山。

お燗はやや熱めがうまし。日置桜はどれもうまいのに、強烈な個性とかクセがないので、あまり印象に残らなかったりするけど、ふと気がつくとしみじみ旨い。たとえるなら幼なじみの彼女のような?? まったく厭味がなく、透明なカンジで、すいすい飲める。いつの間にかなくなる。う~む…(-_-;)

みぞれ蕎麦とチラシ寿司

当初3月末まで、という話だったETC車載機の助成金制度、なにやら延長されそうな気配ですね。

あまり自動車には乗らない僕ですが、たまに帰省する際に高速道路は使うので、いままでつけてなかったETCを考える今日この頃です。でもちょっと調べてみると、助成を受けるにもいろいろ条件があるんですねぇ。

まず期間、それからアンケート。あと決められた取扱店で、2年以上の分割払いかリースで買わないとダメらしい。なんじゃそりゃ? 世間では天下り財団法人の利権がどうの…なんて声もあるけど、そこの理事長がトヨタの会長だったりするせいなのか? 取扱店のリストを見ると、ほとんどトヨタ系列なんで笑っちゃう。

で、助成金もらうのはなんか面倒そうだし、クレジットカード会社の入会特典で安くなるキャンペーンとか使ったほうがよさそうだ、などと思っています。でも万が一、次の選挙で民主党が勝ったりすると、無駄になっちゃうかも知れないわけで、なんともかんとも。もともとたいして使わないしな~。

てな話とは全然関係ないピンボケ写真は、みぞれ蕎麦とちらし寿司。冷たいおろし蕎麦じゃなくて温かい蕎麦なんですが、ダシは使わず大根おろしと水半々に醤油だけで味付けするってテレビでやってたのを試してみました。うまいです。

わさび菜のサラダ

最近見かける、「わさび菜」ってのをサラダにしてみました。

なんか新しい野菜っぽいけど、わさび菜っていうほど辛みはないっすね。豆腐とスティックかまぼこ、マヨネーズとゆずポン酢、あと炒り胡麻をパラパラ。軸がほのかにピリっとする程度で、シャキシャキさわやかです。

WBC韓国戦、また負けましたね。ストレス溜る負け方で、こっちはさわやかじゃないっす。

読めない書道

読めない書道」にて、書道というより衝動。

意味や意識は氷山の一角、無意味や潜在意識にはみ出すための、心のストレッチ。音楽とかアートなど、「表現すること」が面白いのは、無意識の世界にある「その人らしさ」みたいなものが垣間見えるからかも知れないっすね。一見、意味性の塊のような文章ですら、意味の世界ではとらえきれない「何か」があると思うし。

あー、料理なんかもそうかも。同じように作っても人によって味違うし、ましてやありあわせで適当に作ってるとなおさら。

味噌にゅうめん

味噌味のにゅう麺に、温泉卵をのせて、胡麻をぱらぱら。

最近、温泉卵は「どん兵衛」の空きカップに卵を入れて、熱湯を上まで注ぎ、そのまま20分~ほど放置、という方法で作ってます。

昨日は『読めない書道』教室へ。その後しこたま飲んで、今日はグロッキーです(-_-;)

瑞泉

瑞泉って泡盛にもありますけど、こちらは出雲の日本酒。

地元では一番人気とか。そういえば松江~出雲に行ったとき、良く見かけたかも。もちろん純米、燗でいただきます。僕の好みよりはややぬるめの上燗、一般的なお燗の温度が美味しいようです。あまりくせはないが濃厚で芳醇、なかなかに旨いです。

やっぱし酒は出雲かも。秋刀魚は目黒、じゃないと思うけど。鯵は伊豆、鰻は柳川(極個人的見解)。

小平うどん

昨日のランチは、近所にオープンした「小平うどん」へ行ってみました。

「かずら」という、よく行っていたうどん屋がなくなって、ちょっと困っていたエリア。もしかしてかずらの関係者がやってたりするのか? という期待もちょっとあり。

オープン当日とあって、外でちょっと待たされる。メニューは肉汁うどんのみ、うどんの量が400gから4段階あり、それぞれに肉増しがあるという、全部で8パターン、食券制。オープン記念か、ふりかけご飯がサービス。

やっと席に着いたものの、注文飛ばされたっぽく、後から来た人にどんどん出てる。まあオープン初日で慣れてないんだろうし、最近のテーマが「寛大さ」である僕は怒らないよ。

やっと出てきたうどんはやや平打ちっぽくて、うどん自体はそれほど美味しくはない(かずらなどに比べると)。つけ汁は肉がやたらと多いが、ザクザク切ったネギがたっぷり入ってるのがよろし。テーブルに揚げ玉があるけど、僕らのテーブルのはほぼカラ、でも肉が多いんでこれ以上揚げ玉を入れる気もないのでまあよし、胡麻をたっぷり入れて食べました。

「かずら」も肉が多かったけど、うどんは全然違うっぽいので、たぶん関係ないんでしょう。

このページのトップヘ