はらがへってもいくさはするな

人の不幸でメシはウマくならない。

2008年10月

赤紫蘇のスパゲティ

実家にもらう梅干しには、赤紫蘇がいっぱい入っていて、最後に余る。これを炒飯とかスパゲティの味付けに使ったりする。シソをムダにしないシッソな思想。

写真はソーセージに白菜/人参/椎茸、あとは赤紫蘇にニンニク、オリーブオイルに醤油など。

落花生の塩茹で

また実家から生の落花生が来たので、塩茹で。

これはいくらでも食べられる。カロリー高いって? 気にしない気にしない。A型はピーナッツ食べても大丈夫なんだって。つまみに最高。余ったら冷凍。

バジリコ

サラダと一緒に食べるは、ペスト・ジェノベーゼ、いわゆるひとつのバジリコスパゲティ?

花が咲いたバジルは固い。すりつぶすのが大変なだけだけど。色もやや黒ずんでる。松の実がないのでピーナッツで代用。でっかい生にんにく入れたから、さぞ匂っていた事でしょう。

サラダ

実家から新米とともに大量の野菜が届き、とりあえず葉っぱものをひたすら食べる日々でございます。写真は昼に食べたサラダ。サニーレタス、グリーンカール、水菜、ルッコラ、赤軸ほうれん草、ツナ缶をオイルごと。味付けはハーブソルトとレモン汁、マヨネーズ。

実家の野菜は、農薬の心配はないけれど、別の意味で洗うのが大変です。料理というか、ひたすらていねいに洗う、ちぎる、食べる、みたいな。

20081026213135

昨日は鍋。
鶏団子、味噌味、白菜、豆もやし、春菊、豆腐。
鶏団子に入れたすりおろしニンニクがきいている。

カレーほうとう

昨日は雨で、出かけるのが億劫。昼はあり合わせで…と野菜の在庫チェック。南瓜、里芋、さつま芋、人参、大根、玉葱…ほとんど根菜。黒豚の切り落としもあるし、こないだのカレールーの残りの欠片も残ってるし、こりゃカレーほうとうだな。

最近、ほうとうならサクっと気軽に手打ち出来るようになりました。なんだかんだ小一時間かかるけど、粉こねて寝かしてる間に野菜を切って鍋に出汁昆布の切れっ端と入れて煮る。さっと霜降にした豚肉も入れて、さて、生地をこねて伸ばして切って、鍋にぶち込む。10分ほど煮込んで、火をとめ味噌とカレールーを溶かす。更に2~3分煮込んで出来上がり。う~ん、うめえ!

このページのトップヘ