はらがへってもいくさはするな

人の不幸でメシはウマくならない。

2012年08月

サラダうどん

実家の野菜とツナと茹で玉子と皿に盛った、正真正銘ぶっかけさらだうどん。新鮮な生野菜が身体にうれしい今日この頃。ゆず胡椒ちょい足したらピリうま。

まだまだ暑いけど、空気感はやや秋めいてきたかな? 夜風が涼しい夜もある?

とはいえ暑いけど(^_^;

トマトと卵の炒めもの

山梨へ帰省してました。なんか疲れたのは飲んでばかりいたせいか。

そして戻ってきて最初の飯は、実家のトマトとニラと卵の炒め物。あら香酢がなくなっちゃったわ。

久々の料理はめんどくさいが、自分で作ると好みの味に出来るのでよろしい。

たらこすぱ

たらたらと夏の日々を過ごしております。たらこスパだす。

着色料も発色剤も使ってないタラコだと色的にこんなもんだす。

私のたらこスパの作り方は…
ボールにたらこをほぐして、オリーブオイルをたっぷり、レモン汁適宜加え、バターひとかけ、醤油もチビッと、でよくまぜまぜ、茹でたパスタと茹で汁も適宜加えて混ぜて皿に盛って海苔とか大葉とかぱらりんこ(*╹ڡ╹)

明日からたらたらと帰省するだす。

腸詰と小松菜とオクラのパスタ

ソーセージと小松菜とオクラのパスタ。

小松菜買ったの久しぶり。前は定番で良く買ってたけど、最近は産地が気になってなかなか買えない。

そして今日はさっとゆがいてから入れたらだいぶ少ない感じになっちゃいましたね。

今日は早く寝て、明け方に起きてなでしこのサッカー観ようと思ってたら、お仕事が来て寝られませんよ。こうなりゃ朝まで起きてるしか…(-_-;)

とうもろこし

「とうもころし(なぜか変換できないw)(c)メイ@トトロ」の茹で方、僕は実家でやってた方法でずっと茹でてたんですが、ちょっと茹でるか蒸すかとか訊かれたりしたんで、あらためてちょいと調べてみたら…

色々な茹で方があるんですねー、北海道の生産者が勧める究極の茹で方だの、ためしてガッテン方式だの…

僕の茹で方は、鍋に半分弱の湯を沸かし、塩適宜入れて、皮をむいたトウモロコシを入るだけ入れ、全体が湯に浸らなくても気にせずふたをしてだいたい5分かそこら蒸し茹でにし、ざるにとってから熱いうちに塩を振る、という感じでした。実家の畑で自分ちで食べる分だけですが作ってたんで、採れるときは大量に茹でる必要があり、そう言う時にこの方法は便利です。

実家で採れたてをすぐ茹でるとこの方法で充分美味しいのですが、東京で人からもらったり(自分で買ったことはない)するとどうしても収穫後時間が経っているので、その場合はガッテン方式などが有効かもしれません。

と言うわけで昨日8本も貰ったので、3回に分けて色々な茹で方を試してみましたが、水から茹でて沸騰して3〜5分、茹で上がってから濃いめの塩水にちょいと浸す、すぐ食べないならラップしておく、というのが割とやわらかく美味しくできた感じ。

いずれにしても皮は茹でる直前に剥く、そしてそれ以上に、入手したらすぐ茹でるにこした事はないですね。

とろろオクラ蕎麦

暑かったり雨降ったり、オリンピックだったり、世の中キナ臭かったりしますが、ここはひとつネバっていきましょう。

とろろオクラ蕎麦でつるつるっとな。

オクラとインゲンのトマトパスタ

旅行中の上げ膳据え膳(てほどでもないか)は終わり、いつものようにあり合わせでパスタなど作る日々が戻ってまいりました。

オクラとインゲンのトマトソースパスタ。オクラねば〜る。

それにしても今日の日差しは強烈だ。肌が痛いほど。

このページのトップヘ