はらがへってもいくさはするな

人の不幸でメシはウマくならない。

2013年02月

海老とキャベツのトマトパスタ

エビとキャベツ、大根葉、ホールトマト缶でスパゲティー。

前の記事と大差ない色味の写真ですけど。

今日のソースはフライパンじゃなく、片手鍋で作ってみました。フライパンみたいにパスタを入れてからあおれないけど、絡まりやすいトマトソースなのでトングで混ぜて、盛り付け時にソースを載せるので全然問題ない感じ。

小松菜のトマトパスタ

オリーブオイルでニンニクと唐辛子炒め、小松菜炒め、塩胡椒して、カットトマト缶加え、パスタの茹で汁加えて煮込み、茹でたスパゲティーを和え、オリーブオイルたらり。ちょいとチーズを載せてみた。

最近、三人分だと北京鍋(鉄)でパスタソース作ることが多いんだけど、トマト缶のクエン酸のせいか、黒い皮膜が剥がれてきちゃったの。これって大丈夫なのかしら?

かと言ってテフロン系のフライパンを買う気はしないしにゃー(^_^;
何かオススメあったら教えてください。

手羽煮麺

手羽先で出汁を取って、塩ラーメン風のにゅうめん。

鶏手羽先と生姜、玉葱、ニンニク、白菜、塩抜きしてない搾菜などをお酒を少々加えた水でじっくり煮だしたスープに、塩、味醂、薄口醤油、胡麻油、唐辛子などで味付け、みじん切りのニラとネギなど加えて、茹でた素麺にかけました。

日本の中華麺はカンスイがキツイんで、むしろ素麺の方が台湾あたりの麺に近い雰囲気。こっちの方がお腹にもやさしいし。

固い麺が好きな日本の男性には受けないだろうけど、僕はしっかりα化した麺が好きなもんで(^_^;

スープパスタ

オリーブオイルにニンニクと玉葱、キャベツと人参入りの豆乳カレースープに、バーミセリ(ディチェコのカッペリーニ)、仕上げにバターを。

スープはあっというまにパスタが吸収。

初期のニックジャガー

もう十年くらい前かな? Biztageという雑誌に載せていただいたバージョンのニックジャガー。

ニンニク炒めた油で豚ヒレ肉と玉葱炒めてカレー粉入れ、人参、じゃがいも加えて軽く炒め、水を適宜足してブラウンシュガーと醤油で味付け、落とし蓋してしばし煮込むだけ。

写真は少し前の、中華鍋にて制作中の図。

辛くしない版は、カレー粉のかわりにクミンシードとターメリックを。

コンニャクの焼肉風

実家から届いた母手作りのコンニャクで、焼肉風炒め煮。

削ぐように切って茹でて、油で炒めて唐辛子少々、酒をジュー、砂糖と醤油も入れて、時々返しながら水気がなくなるまで炒め煮に。

これ、ちょっといい蒟蒻でやるとマジウマで、僕はヘタな焼肉より好きです。酒のアテにも良いし…(^_^;

ちなみに炒める時、胡麻油を使うと泡立ちます。味には影響ないけれどちょっとびっくりする。

太巻き

太巻きに限らず、パンとかケーキとか、かまぼことか、なんか端っこが好きなんです。

なんでかなー、とか考えつつ、今日なぜか実家から届いた太巻きを食べておりましたが。

なんかこう、はみ出した感じ?とか、イレギュラーな食感がたまらんのですよ。
つか、それ以前にウチの母の太巻き自体がだいぶイレギュラーというか、はみ出してる感じですが。

人間もちょっとはみ出したくらいの人が好きです♡

このページのトップヘ